2010年05月29日

兼業事務官を停職処分=大阪高裁(時事通信)

 裁判所職員に準用される国家公務員法の兼業禁止規定に違反したとして、大阪高裁は27日、同高裁の50代の男性事務官を停職9カ月の懲戒処分とした。大阪府内の民間会社で高所作業車を運転して移動させ、報酬を得ていたという。
 高裁によると、男性事務官は2004年9月から07年2月、許可を受けずに1カ月に10〜20日ほど働き、1日に1万円程度を得ていた。高裁が把握している収入より多かったため発覚し、聞き取り調査に兼業を始めた時期を遅らせて報告した。 

【関連ニュース】
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検
警部補、部下に銃口向ける=「油断するな」と二十数回
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
交通機動隊員が酒気帯び運転=書類送検、懲戒処分で辞職
東北大助教の解雇は不当=データ転用で懲戒、仮処分認める

<原口総務相>「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
<面会権侵害>任意聴取容疑者の面会拒絶は違法 東京地裁(毎日新聞)
橋下“大阪都”賛成市長1で反対3 対象11市の大半「具体像見えぬ」(産経新聞)
東京・秋葉原の歩行者天国、7月中旬にも復活へ(読売新聞)
福島氏に辞任促す=北沢防衛相(時事通信)
posted by クマキ チヨ at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。