2010年03月30日

オークネット、経営の監督と執行の権限を明確化組織改正(レスポンス)

オークネットは、3月23日付で組織改正を実施すると発表した。

今回の組織改正では、執行役員制度を改正する。経営の監督と執行の権限分離を明確化して経営体制を強化するためとしている。

具体的には新たに「社長執行役員」「副社長執行役員」「専務執行役員」「常務執行役員」を選任する。藤崎清孝社長は社長執行役員となる。

また、渡邉壽人副社長は代表権を返上して副社長執行役員に就任した。比企野雄二取締役は、取締役を退任し、一身上の都合により3月31日付けで執行役員も退任、同時にアイオークの会長も退任する。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
伊藤忠商事、自動車部門といすゞ・建機部門を統合 組織改正
出光、知財戦略グループを新設など組織改正
NECが環境・エネルギー事業本部などを新設 組織改正
【カーマルチメディア・インサイダー】無料接続は正義のため…ホンダ今井 武インターナビ事業室長
オークネット 特別編集

<申告漏れ>EXILE所属の芸能プロが3億円…国税指摘(毎日新聞)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)
<鳩山首相>「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向(毎日新聞)
<トキ>富山から福井へ 飛来地で最南西(毎日新聞)
普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)
posted by クマキ チヨ at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。