2010年05月29日

兼業事務官を停職処分=大阪高裁(時事通信)

 裁判所職員に準用される国家公務員法の兼業禁止規定に違反したとして、大阪高裁は27日、同高裁の50代の男性事務官を停職9カ月の懲戒処分とした。大阪府内の民間会社で高所作業車を運転して移動させ、報酬を得ていたという。
 高裁によると、男性事務官は2004年9月から07年2月、許可を受けずに1カ月に10〜20日ほど働き、1日に1万円程度を得ていた。高裁が把握している収入より多かったため発覚し、聞き取り調査に兼業を始めた時期を遅らせて報告した。 

【関連ニュース】
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検
警部補、部下に銃口向ける=「油断するな」と二十数回
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
交通機動隊員が酒気帯び運転=書類送検、懲戒処分で辞職
東北大助教の解雇は不当=データ転用で懲戒、仮処分認める

<原口総務相>「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
<面会権侵害>任意聴取容疑者の面会拒絶は違法 東京地裁(毎日新聞)
橋下“大阪都”賛成市長1で反対3 対象11市の大半「具体像見えぬ」(産経新聞)
東京・秋葉原の歩行者天国、7月中旬にも復活へ(読売新聞)
福島氏に辞任促す=北沢防衛相(時事通信)
posted by クマキ チヨ at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

<土砂崩れ>孤立の町、ダム湖でボート住民の足に 山梨(毎日新聞)

 山梨県早川町雨畑で土砂崩れで県道がふさがり5集落83戸の住民160人が孤立しているため、町などは26日、県道沿いのダム湖「雨畑湖」で、住民の足となるボート(4人乗り)の運航を始めた。

 町の依頼を受けて、湖を管理する会社が無償で引き受け1日5回、住民を無料で運ぶ。買い物のため乗った同町雨畑の主婦、望月綾さん(28)は「ボートを下りた後の移動が不便。早く復旧してほしい」と話した。知人に頼んで、借りた車をボート下り場に止めておいてもらったという。

 現場では23日夜に県道ののり面が崩れ、復旧予定だった25日にさらに大規模な崩落(幅20メートル、高さ60メートル)が起き、県道が完全に埋まった。復旧のめどは立っていない。【山口香織】

【関連ニュース】
大雨:午後、峠越す 西日本各地で土砂崩れ
降雨:西日本で土砂崩れ、通行止め
集中豪雨:ブラジルで土砂崩れ 少なくとも173人死亡
JR西日本:福知山線、姫新線などで運転見合わせ 各線で遅れも
大雨:25日にかけ近畿・東北で200ミリ 関東は100ミリ

省エネ大賞・新エネ大賞は廃止…仕分け第2弾(読売新聞)
事業仕分け 判定結果が法人存続に直結 第2弾 (毎日新聞)
<ビオトープ>国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
小沢氏再不起訴 大鶴次席検事「捜査尽くした」(産経新聞)
覚せい剤1.3キロ飲み込み密輸=ナイジェリア人逮捕―成田(時事通信)
posted by クマキ チヨ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

元副署長の整理手続きは7月=明石歩道橋事故―神戸地裁(時事通信)

 兵庫県明石市の歩道橋事故で、検察審査会の議決を受け、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元県警明石署副署長榊和晄被告(63)について、神戸地裁は14日までに、第1回公判前整理手続きを7月29日に行うことを決めた。
 榊被告は神戸第2検察審査会が強制起訴できる「起訴議決」をしたことで、制度導入後初のケースとして、4月20日に地裁が指定した検察官役の弁護士に在宅起訴された。指定弁護士は証拠整理に時間がかかるとして、地裁に初回の公判前整理手続きまで3カ月空けるよう求めていた。 

【関連ニュース】
JR西歴代3社長を強制起訴=検察審議決で弁護士
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初
元副署長、20日に強制起訴=検察審査会の議決受け
元明石署副署長を聴取=歩道橋事故で指定弁護士
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士

「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)
口蹄疫で処分6万匹超…東国原知事、農水相に支援拡充要請(産経新聞)
JR日豊線に置き石、特急止まる=大分(時事通信)
<ハウステンボス>「ペットと来てね」…同伴を屋外全域で解禁(毎日新聞)
奈良の連続婦女暴行事件、養護学校侵入男を逮捕へ(産経新聞)
posted by クマキ チヨ at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。